武田邦彦『現代のコペルニクス』 #87「あきらめよう!地震は予知できない 第三回」

武田邦彦『現代のコペルニクス』 #87「あきらめよう!地震は予知できない 第三回」

番組説明

「なぜ、熊本に地震が起こったのか?」

地震学者のロバート・ゲラー博士をゲストに迎え、4/14木に起こった熊本地震の状況、地震予知の仕組みについて解説します。
・一年前の対談を振り返る
・次の地震が熊本に来る可能性を指摘したのは実質的にゲラー先生だけだった!
・日本列島の大きな構造
・九州の構造
・今回の地震の状況、特徴
・どうして、「予想」できなかったのか?
・M5以上、10年間の地震記録
・全部外れ
 1969年  地震予知連絡会発足
 1978年  東海地震予知体制開始
・「防災」のつもりが「災害」を増幅している深層に迫る・・・
・学者と専門家(武田意見)
・地震学者はなぜ社会に言うのか?
 学問の結果を社会に適応すると責任を生じる(刑事起訴もあり得る)。
 学問の自由は「内的、精神的自由」に限定される。
 学者が二股をかける場合(学者と啓蒙家)、発言ごとに区別をする必要がある。

出演者

「現代のコペルニクス」トップへ戻る