渡部昇一『平成の修身』#19(野口英世と医学)

渡部昇一『平成の修身』#19(野口英世と医学)

番組説明

第19回
今回は医学の発展に貢献した人物として「野口英世」と「ジェンナー」をお届けいたします。

共通する事は「志(こころざし)」
渡部先生も若かりし頃奨学金で勉学に励んだとの事。
その後40年大学の教師をやったことで得たひとつの真理は、
「一生懸命な青年の姿は人を動かし、天から助けのはしごが降りてくる」ということ。

身を修め、必死な立志で励んでいれば、必ず人を動かすことになる、
ということを、偉人の話から学ぶ事が出来ます。

また、強烈なアイディアや発明も、
「一心に打ち込んでいるからこそ、ポカッとひらめきが生まれる」
と渡部先生の実体験から、語られています。

ぜひ皆様の参考になると幸いです。

<修身教科書の朗読>
(1)野口英世(志を立てよ)
(2)エドワード・ジェンナー(志を堅くせよ)

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2016年 時間:15分00秒

出演者

「平成の修身」トップへ戻る