髙山正之『変見の作りかた』#69 後ろ姿の骸骨

髙山正之『変見の作りかた』#69 後ろ姿の骸骨

番組説明

監修・出演:髙山正之
収録:2014年7月
時間:12分30秒

第69回「後ろ姿の骸骨」(週刊新潮 2011年10月6日号)

カミング・アウトという言葉が最初に使われたのは80年代半ば、
ハリウッド俳優ロック・ハドソンの告白会見ではなかったか。
他人に言えない秘密を「skeleton in the closet(押し入れの中の骸骨)」という…
カミング・アウトはその骸骨が押し入れから出てくることを指し、
秘密、特に同性愛を自ら明かすという意味で使われる。
(本編朗読部分より抜粋)

出演者

「変見の作りかた」トップへ戻る