渡部昇一『平成の修身』#25(西郷隆盛・橋本左内)

渡部昇一『平成の修身』#25(西郷隆盛・橋本左内)

番組説明

第25回
今回は薩摩の偉人を大特集!
西郷隆盛と橋本左内(福井藩士)のエピソードをじっくりと、
後半は、高崎正風の幼少の頃のお話、そして大久保利通のお話などを、お届けします。

15歳にして「稚心を去る」(子どもじみた心を取り去る)と言い『啓発録』記した橋本左内(号を景岳といったその理由は番組内で)。
はじめは見くびっていた西郷隆盛も、最後にはこの若者のことを大いに認めたというお話に、
二人の偉人の懐の深さが伺えます。

井伊直弼による安政の大獄(1856-1857年)により、吉田松陰と共に処刑となってしまう橋本左内。
「橋本左内を殺すような政権は駄目だ!」
とは、当時の西郷さんの言葉。
日本を支えるであろう有能な人物を失ったことを知った時、
西郷さんは、どれだけ心を震わせたことでしょうか。

<修身教科書の朗読>
(1)度量 西郷隆盛・橋本左内
(2)我儘を言うな 高崎正風

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2016年 時間:15分00秒

出演者

「平成の修身」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ