渡部昇一『平成の修身』#32(シャム王・山田長政)

渡部昇一『平成の修身』#32(シャム王・山田長政)

番組説明

<追悼>
2017年4月17日、渡部昇一氏は永眠されました(享年86)。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
最後の収録は4月4日、体調も万全ではない中、力を振り絞ってお話し頂きました。
最終回は第38回となります。
どうぞ最後までお見守り下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

===========================
第32回 <シャム王 山田長政>

江戸時代に入るまで、日本の人々は頻繁に世界に出て行き、各国に日本人町を築いていた。
中でも名を上げたのがシャム(現在のタイ)の山田長政(生年1590年頃 – 1630年)。
長政の活躍と、当時の日本、また現代の東南アジアと日本について、お届けいたします。

「徳川幕府は鎖国が残念である。
 鎖国をしていなかったら、南方で戦争をしなくて良かった。」
といったことを、渡部先生は小学6年生の作文に記したとか。

以下、渡部先生へ質問してみました。
Q.今でもその鎖国に対する考え方は変わりませんか?
Q.今後の東南アジアの国々と日本の関係性はどうお考えですか?

東南アジアと日本の関係については、中国の南シナ海侵略についても大いに言及されています。

2016年10月13日、タイのプミポン国王(ラタナコーシン王朝9世)が逝去され、
日本でもニュースとなりました。
日本の皇室と世界の王室の、深く長いつながりも、大切にしてきたいものですね。

詳細はぜひ番組でご覧下さい。

<登場するキーワード>
じゃがたらお春、高山右近、呂宋助左衛門、キリシタン大名、宣教師、日本人義勇隊、豊臣秀吉、徳川家康
アユタヤ朝、ソンタム王、ナコン、王室、王朝、植民地、独立、南シナ海領有権問題

<国民学校修身教科書の朗読>
(1)シャム王 山田長政

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2017年 時間:15分

=========================
「平成の修身」ネット配信中!

◆過去の番組は、DHCテレビのニコニコチャンネルにてご視聴頂けます。
http://ch.nicovideo.jp/ch2620
※一部無料配信中!
※全話観るには、ご登録(チャンネル視聴料540円(月額・税込))が必要となります。

◆最新作は、DHCテレビのYouTubeチャンネルで無料配信中!
https://www.youtube.com/c/dhctv

ご意見・ご感想・メッセージはこちらまで 
メール:otoiawase@dhctv.jp
宛先:DHCテレビ 平成の修身 係
=========================

出演者

「平成の修身」トップへ戻る