渡部昇一『平成の修身』#33(日本刀・日本の美)

番組説明

<追悼>
2017年4月17日、渡部昇一氏は永眠されました(享年86)。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

「平成の修身」最後の収録は4月4日、体調も万全ではない中、力を振り絞ってお話し頂きました。
(※渡部先生最後のTV番組ご出演だったと後でわかりました)

その時の映像は第37回と第38回でお届けいたします。(2017年6月配信)
どうぞ最後までお見守り下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

===========================
第33回 <日本刀・日本の美>

「日本刀ほど、日本という文化の逆説性(パラドックス)を証明したものは少ない」
と渡部先生独特の表現で語り出した、今回のテーマ「日本刀」。

日本刀の魅力とは何か?
武器であってもはやただの武器では無い。
自らの魂の象徴としてあるもの、
大変に繊細な、魂そのもの。

また後半には、「ものづくりには神様が宿る」というお話も。
日本の職人の技がなぜ素晴らしいのか?
そこには守護の神様・ご先祖の存在があるということです。

<協力>
松田次泰(刀匠)/「未来への伝統」

<登場するキーワード>
ブレーズ・パスカル、パンセ、足利義輝、塚原卜伝、山県有朋、日中戦争、本間順治、
短刀 無銘正宗、勢州桑名住村正、源氏髭切りの太刀、波泳ぎ兼光、備前長船祐定、古備国友成造、大保昌、福岡一文字助真

<国民学校修身教科書の朗読>
(1)日本刀 (4年生より)

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2017年 時間:14分30秒

=========================
「平成の修身」ネット配信中!

◆過去の番組は、DHCテレビのニコニコチャンネルにてご視聴頂けます。
http://ch.nicovideo.jp/ch2620
※一部無料配信中!
※全話観るには、ご登録(チャンネル視聴料540円(月額・税込))が必要となります。

◆最新作は、DHCテレビのYouTubeチャンネルで無料配信中!
https://www.youtube.com/c/dhctv

ご意見・ご感想・メッセージはこちらまで 
メール:otoiawase@dhctv.jp
宛先:DHCテレビ 平成の修身 係
=========================

出演者

「平成の修身」トップへ戻る