渡部昇一『平成の修身』#34(日本の美しい自然・故郷)

番組説明

<告知>
番組が書籍化されました!
『日本人の道徳心』(ベスト新書)
2017年6月9日発売!(880円 / 税込)
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4584125503

番組が待望の書籍化!何十年も売れ続けるよう、タイトルも変更いたしました!
ぜひお手元に一冊!お近くの子育て中の方や、学校の先生にもお勧め下さい!

===========================

<追悼>
2017年4月17日、渡部昇一氏は永眠されました(享年86)。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

「平成の修身」最後の収録は4月4日、体調も万全ではない中、力を振り絞ってお話し頂きました。
(※渡部先生最後のTV番組ご出演だったと後でわかりました)

その時の映像は第37回と第38回でお届けいたします。(2017年6月配信)
どうぞ最後までお見守り下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

===========================

第34回 <日本の美しい自然>

今回は「日本三景」を朗読しました。
松島(宮城)、天橋立(京都)、宮島(広島)は、「日本三景」と言われ、古くから全国民に人気の観光地です。
日本は島国であり、四季があり、海があり、森があり、世界でもまれな豊かな国土を持っていることを、
あらためて心に印象づけるお話となりました。

後半には唱歌「故郷」を朗読。(メロディの演奏は、渡部先生のご子息で、プロの音楽家である渡部玄一氏に依頼)
あらためて、ふるさとがあるっていいなぁ、心が豊かになるなぁ、と思いました。

渡部先生の故郷(田舎)は山形県の鶴岡市。
そこへ外国の要人をお招きしたときのお話や、「月山(がっさん)の美味しいお水は石油よりも高い」というエピソードもご披露頂きました。

たとえ都会で生まれ育ったとしても、
日本人としての故郷の風景は、それぞれの心の中にあるはずです。

渡部先生は今頃、「行った事無いから一度行ってみたい」と仰られていた
天橋立の上空にいらっしゃることでしょう。。。

<登場するキーワード>
フォルカー・シュタンツェル(元駐日ドイツ大使)、伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)、国産み、天照大神、神武天皇、
日本国土の神話的地主は皇室、竹村健一、エアーズロック(ウルル)、
「大日本の歌」〜雲湧けり 雲湧けり みどり島山 潮みつる 潮みつる 東の海に〜
(作詞 芳賀秀次郎 作曲 橋本国彦 / 昭和13年 NHK国民歌謡)、
鎮守の森、湯野浜(山形県鶴岡市)、月山、出羽三山、月山自然水、月山四季彩本舗、「故郷」作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一

<修身教科書の朗読>
(1)日本三景(国語読本 5年生より)
(2)故郷(ふるさと)(尋常小学唱歌 6年生より)

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)
チェロ演奏「故郷」:渡部玄一(読売日本交響楽団)

製作:2017年 時間:15分30秒

=========================
「平成の修身」ネット配信中!

◆過去の番組は、DHCテレビのニコニコチャンネルにてご視聴頂けます。
http://ch.nicovideo.jp/ch2620
※一部無料配信中!
※全話観るには、ご登録(チャンネル視聴料540円(月額・税込))が必要となります。

◆最新作は、DHCテレビのYouTubeチャンネルで無料配信中!
https://www.youtube.com/c/dhctv

ご意見・ご感想・メッセージはこちらまで 
メール:otoiawase@dhctv.jp
宛先:DHCテレビ 平成の修身 係
=========================

出演者

「平成の修身」トップへ戻る