『未来への伝統』第30回 大阪/能管 豊島くるみ

番組説明

今回の未来への伝統は、「能管(のうかん)」。
能の囃子方(はやしかた)が演奏する楽器のひとつで歌舞伎や祇園囃子、祭り囃子などでも用いられる横笛です。
その今をめぐって旅をするのは工芸案内人、山田ミヤコさん。
山田さんが訪れたのは、江戸時代から続く笛方森田流の 豊島くるみさん 。
能管の神秘的な音色に魅せられた豊島さんは2000年 森田流に入門。
2016年、名誉師範として認められ現在、笛を奏でる楽しさ、技と心の伝承につとめています。
想いと想いをつなぐ音能管 未来への伝統とは?

出演者

「未来への伝統」トップへ戻る