サプリのミカタ 〜ナットウキナーゼ〜

番組説明

食品の中で“血栓”を溶かす働きが最も優れていると言われる納豆。

その納豆のネバネバに含まれ、血栓を溶かす働きが期待できる
「ナットウキナーゼ」という酵素は、今、世界中から注目されています。

血栓とは血管内にできる血の塊のこと。
ナットウキナーゼには血流改善や、血栓を予防する働きかけがあるので、
高血圧の方にオススメの成分です。

今回は、DHCを含めたナットウキナーゼサプリメント4商品の
含有量、原価・原価率を徹底比較すると共に、
ナットウキナーゼが本当に血栓を溶かすのか検証する実験と、
腸で働きを発揮するナットウキナーゼの各社カプセルが
どれだけ胃酸に耐えうるか、耐酸性実験を行いました。

・ナットウキナーゼ活性の単位「FU」って何?
・DHCがこだわったカプセルの形状とは?!
・ナットウキナーゼはいつ摂った方がいいの?

血流を良くし生活習慣病を予防をしてくれるナットウキナーゼ。
血液の流れは簡単に確認することができないため、
サプリメントで積極的に補い、血管の健康を維持していきましょう。

この番組は、皆様のサプリ生活を応援するミカタです!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そのサプリ、大丈夫ですか?
いまや、日本人の約6割がサプリメントを利用する時代。

ですが、医薬品と異なり基準が曖昧なため、ともすると粗悪品が横行しやすいサプリ業界。
そこで立ち上がったのがこの番組「サプリのミカタ」。

DHCは勿論、各社サプリを徹底比較し、ご判断いただこうと思います。

番組がこだわったのは次の2点。
1) 「実名」で比較すること
日本では「比較広告」の文化が育っていません。

しかし、本当に良い商品をご判断いただくためには、

「実名」で「比較」出来ることが大切と考えています。

2) 「原価」と「原価率」を公開すること

ごくごく常識的に考えて、自社製品の「原価」「原価率」を公開する企業などありません。

ですが、DHCは商品の良さを知って頂きたいので、「原価」と「原価率」を公開することに致しました。

他社の「原価」と「原価率」は残念ながら分かりませんが、公開されている配合量などから換算し、

「DHCが作ったら…」という仮定のもと「原価」と「原価率」を算出致しました。

この2つの数値は、何よりも雄弁に商品の品質を物語ります。

この番組を通じてDHCは、サプリ業界を世直ししたい、と思っています。

さぁ、本当に安心できるサプリメントは…?

■■■■■■■■■■■■原価・原価率の計算方法■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■
原材料費:DHCで同等の原料がある場合はその価格、無い場合は、番組独自調査による価格。
     算出が不可能な場合は1kgあたり一律2万円で計算。配合量は有効成分から計算。

加工費:一粒あたりソフトカプセル1.38円、ハードカプセル0.892円、打錠0.93円、糖衣錠1.70円とし計算。

充填費:DHCの設定価格を使用。

容器:プラスチックボトル90~120粒53.15円、120~180粒63.15円、180~240粒73.15円、
   ガラス瓶90~120粒79.15円、それより大きいものを84.15円とした。
   アルミパウチ小9.5円、大10.5円、化粧箱30入り17.75円、90入り20円、個包装1.23円とし計算。

乾燥剤:ハードカプセル以外に加え、DHCの設定価格を使用。

原価率:税抜きの販売価格から計算。

その他:ドリンクの製品及び原材料配合量の手がかりのないものは除いた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■

出演者

「サプリのミカタ」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ