サプリのミカタ 〜テアニン〜

番組説明

お茶を飲むとホッとする•••そんな経験をしたことがある方も
多いのではないでしょうか。 

それって実は、心身をリラックスさせる
働きかけがある成分「テアニン」が
“緑茶”に多く含まれているからなんです。

今回はDHCを含めたテアニンサプリメント4商品の
含有量、原価・原価率を徹底比較すると共に、
水とテアニン摂取後の脳波を比較し、
その働きを分かりやすく解説します。

• 「テアニン」 の主な2つの働きってナニ?!
• DHCのテアニン含有量が他社より少ないのはナゼ?

商談やスピーチ、人前に出ると緊張してしまう方や
勉強・スポーツ・仕事などで集中力を高めたい方、
「テアニン」はそんなストレス社会で忙しく頑張る人に
是非摂って頂きたいサプリメントです。

この番組は、皆様のサプリ生活を応援するミカタです!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そのサプリ、大丈夫ですか?
いまや、日本人の約6割がサプリメントを利用する時代。

ですが、医薬品と異なり基準が曖昧なため、ともすると粗悪品が横行しやすいサプリ業界。
そこで立ち上がったのがこの番組「サプリのミカタ」。

DHCは勿論、各社サプリを徹底比較し、ご判断いただこうと思います。

番組がこだわったのは次の2点。
1) 「実名」で比較すること
日本では「比較広告」の文化が育っていません。

しかし、本当に良い商品をご判断いただくためには、

「実名」で「比較」出来ることが大切と考えています。

2) 「原価」と「原価率」を公開すること

ごくごく常識的に考えて、自社製品の「原価」「原価率」を公開する企業などありません。

ですが、DHCは商品の良さを知って頂きたいので、「原価」と「原価率」を公開することに致しました。

他社の「原価」と「原価率」は残念ながら分かりませんが、公開されている配合量などから換算し、

「DHCが作ったら…」という仮定のもと「原価」と「原価率」を算出致しました。

この2つの数値は、何よりも雄弁に商品の品質を物語ります。

この番組を通じてDHCは、サプリ業界を世直ししたい、と思っています。

さぁ、本当に安心できるサプリメントは…?

■■■■■■■■■■■■原価・原価率の計算方法■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■
原材料費:DHCで同等の原料がある場合はその価格、無い場合は、番組独自調査による価格。
     算出が不可能な場合は1kgあたり一律2万円で計算。配合量は有効成分から計算。

加工費:一粒あたりソフトカプセル1.38円、ハードカプセル0.892円、打錠0.93円、糖衣錠1.70円とし計算。

充填費:DHCの設定価格を使用。

容器:プラスチックボトル90~120粒53.15円、120~180粒63.15円、180~240粒73.15円、
   ガラス瓶90~120粒79.15円、それより大きいものを84.15円とした。
   アルミパウチ小9.5円、大10.5円、化粧箱30入り17.75円、90入り20円、個包装1.23円とし計算。

乾燥剤:ハードカプセル以外に加え、DHCの設定価格を使用。

原価率:税抜きの販売価格から計算。

その他:ドリンクの製品及び原材料配合量の手がかりのないものは除いた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■

出演者

「サプリのミカタ」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ