武田邦彦 『現代のコペルニクス』 #33 「国家の喪失と明るい未来」(1)喪失の証拠

武田邦彦 『現代のコペルニクス』 #33 「国家の喪失と明るい未来」(1)喪失の証拠

番組説明

#33 テーマ:「国家の喪失と明るい未来」 (1)喪失の証拠
監修・出演:武田邦彦
生放送・収録:2012年2月20日

テーマ:「国家の喪失と明るい未来」 (1)喪失の証拠

3.11東日本大震災による福島原発の事故直後から現在に至るまで、自身のブログで精力的に情報発信を続けている武田邦彦教授。政府発表やマスコミ報道に不安や疑問を覚える方々から熱い注目を得て、事故後にブログのアクセスは急増、一日50万アクセスを記録したと言います。そんな武田教授が、事故から一年となる今年、改めて「福島原発事故」を総括し、“国民の安全と健康を守”らなかった日本の政府を痛烈に批判します。教授が語る「国家の喪失・崩壊」とは?そして「明るい未来」とは…?

「国家の喪失と明るい未来」は
#34(2)喪失と復興 へ続きます。

出演者

「現代のコペルニクス」トップへ戻る