長崎・炭鉱の島で生まれた新作映画 「池島譚歌」特別番組 

長崎・炭鉱の島で生まれた新作映画 「池島譚歌」特別番組 

番組説明

[2013年制作][80分]
・インタビュー:荻野欣士郎監督
・「池島譚歌」<少年編>

「福島さん」で原発事故をテーマにした映画を提示した荻野欣士郎監督が、「石炭」をテーマに、エネルギー問題、家族を描いた新作映画がこの「池島譚歌」(いけしまたんか / Ikeshima Ballade)。
出演の子どもたちは長崎でオーディションを行い決定、すべての撮影を長崎で行った意欲作である。撮影参加希望者・市民ボランティア・スタッフ含め、1000人以上の皆さんと撮影に挑み、見事成し遂げました。

2013年6月よりユナイテッド・シネマ長崎を皮切りに、福岡でもロードショーが決定!秋には首都圏での公開も迫る中、今回は、荻野監督のインタビューと、「池島譚歌」の前半部である「少年編」を、シアター・テレビジョンでお届けします。
どうぞ池島の美しい風景・自然・そして廃墟の街と、子どもたちの瑞々しい姿、家族の物語をご覧下さい。

■池島って?
池島は全盛期には人口8000人もが暮らす、世界一の炭鉱の島でした。
現在では繁栄の影を残しながら、島民はわずか300人余り(撮影当時。現在は更に減り230人余り)となっています。
「繁栄と衰退を約束された島」。そんな時代を背負う島なのです。

■ストーリー 杉野諒一(9)は小学4年生。九州最後の炭坑・池島の民家に、たった一人で住んでいる。
母の生まれ故郷=池島に来たのは、一年前。しかし母は、嵐の夜から行方不明になっている。フェリーが到着する度、母の帰りを待つ諒一。だが母は戻らず、半年が過ぎていた。
ある日、諒一はランドセルの中から小さな『石炭』を見つける。「石炭はずっと昔に生きとった植物の化石……命の石」——ふいに母の言葉がよぎり、諒一は秘密基地へと走る。
「母さんが帰って来てるんだ!」と言う諒一に「立入危険区域にいるかもしれん、さがさんば」と志津己(10)・燐太(9)・知子(12)。そして、小さな島の大きな冒険が始まった——

監督:荻野欣士郎 脚本:里島美和/荻野欣士郎 撮影監督:髙間賢治JSC

主演:金子昇、富永沙織、田中達也、田島竜斗、高木翔慶、山川沙弥、東さや香 ほか

出演者

金子昇

金子昇

富永沙織

富永沙織

田中達也

田中達也

田島竜斗

田島竜斗

高木翔慶

高木翔慶

山川沙弥

山川沙弥

東さや香

東さや香

金子昇

金子昇

富永沙織

富永沙織

田中達也

田中達也

田島竜斗

田島竜斗

高木翔慶

高木翔慶

山川沙弥

山川沙弥

東さや香

東さや香