近藤富枝が語る源氏物語『光る君』 #30 花散里

近藤富枝が語る源氏物語『光る君』 #30 花散里

番組説明

#30 花散里
監修・出演:近藤富枝
収録:2014年8月

この帖は、源氏25歳夏のお話です。
源氏は五月の雨がふる梅雨の頃、今はなき桐壺院の妃の一人麗景殿女御を訪ねる。
妹の花散里は源氏の恋人となっており、姉妹は院の没後源氏の庇護を頼りにひっそりと暮らしていた。
花散里の元へ向かう途中、かつて恋人であった中川の女の元に歌を詠みかけるが、既に心変わりしてしまったのかやんわりと拒絶されてしまう。
そこは橘の花が香り、昔を忍ばせるほととぎすの声に源氏は女御としみじみと昔話を語り合う。 そして、そっと花散里の元へ訪れる。

出演者

近藤富枝

近藤富枝

近藤富枝

近藤富枝

「近藤富枝が語る源氏物語「光る君」」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ