『印象派~革命の絵画~』#3 人物画

『印象派~革命の絵画~』#3 人物画

番組説明

第3回『人物画』

今回は印象派の巨匠、エドガー・ドガ、ギュスターヴ・カイユボット、 ゴーギャン、
3人の女性画家たちに焦点を当てる。

「印象派は人生という劇場を見つめる観客であり人々の内面を描こうとした」

1.
競馬やバレエ教室の踊り子の作品で知られる、
エドガー・ドガ。
高度な教育を受けたドガであったが、 当時の常識では考えられない作品を
彼は作り続けていた。 馬の体のよじれや、女性の無防備で不格好な姿、
鋭い観察、<本当の動き>への探求が詰まった彼の作品世界とは?

2.
生粋のブルジョワであり、馬車に乗り街を覗き見した ギュスターヴ・カイユボット。
視線と構図にこだわった画家による、 「印象派史上、最も“印象的”な作品」
『床に鉋をかける男たち』の謎に迫る。

3.
印象派は初めて複数の女性画家を持つグループとなった。
その中で活躍したべルト・モリゾ、メアリー・カサット、 マリー・ブラックモンらを
取り上げる。

4.
家族を愛し描いた、ポール・ゴーギャン。
デンマーク初めての画家となった彼の人生から、当時の画家の生活とは
一体どのようなものであったのかを時代背景と共に解説する。

出演者

ヴァルデマー・ヤヌシャック

ヴァルデマー・ヤヌシャック

ヴァルデマー・ヤヌシャック

ヴァルデマー・ヤヌシャック

「印象派〜革命の絵画〜」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ