渡部昇一『平成の修身』#04(幕末から明治へ・欧米文化と日本の道徳)

渡部昇一『平成の修身』#04(幕末から明治へ・欧米文化と日本の道徳)

番組説明

第4回 幕末から明治へ・欧米文化と日本の道徳

・・・武士の時代はいずれ終ると徐々に悟っていった江戸時代の人々。武道よりも、勉学に励む人が増え、知識人が身近に増えてきたと思われます。
藩校では荻生徂徠の徂徠学から朱子学が広まり、徳目を学ぶようになります。儒学・朱子学そして一般庶民は心学を学び、人間の心を磨くということが広まりました。
道徳観がそれぞれの日本人の心の中に養われ、皆が同じ方向を向いていた時代・・・

<今回の修身書朗読>
(1)「正直」
(2)「勉強せよ」

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2016年 
時間:14:30

出演者

「平成の修身」トップへ戻る