髙山正之『変見の作りかた』#33 毒ガスはあった

髙山正之『変見の作りかた』#33 毒ガスはあった

番組説明

髙山正之『変見の作りかた』

第33回「毒ガスはあった」 

「週刊新潮」に連載中のコラム「変見自在」
世にはびこるウソだらけの歴史認識を正し、真実の歴史を語る大人気名物コラム。その著者である高山正之氏が自身のコラムを朗読!さらにコラムでも書けなかった超激辛マル秘裏話をDHCシアターだけにコッソリ大公開!!

<髙山正之プロフィール>
1942年生まれ。ジャーナリスト。元産經新聞社会部。
1965年東京都立大学卒業後、産経新聞社に入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。1998年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判に、2001年〜07年3月まで帝京大学教授。「週刊新潮」に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている。

2009年〜2011年シアター・テレビジョンにて『異見自在』をシリーズ放送。(バックナンバーはシアターネットTVにてご覧頂けます)

著書に、
『変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き』
『変見自在 日本よ、カダフィ大佐に学べ 』
『変見自在 サンデルよ、「正義」を教えよう』
『変見自在 偉人リンカーンは奴隷好き』
『変見自在 オバマ大統領は黒人か』
『変見自在 サダム・フセインは偉かった』
『変見自在 スーチー女史は善人か』
『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』
(共に新潮社)ほか多数。

★ 高山正之『異見自在』番組まとめページは こちらから

出演者

「変見の作りかた」トップへ戻る
YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ