渡部昇一『平成の修身』#05(明治の日本に教育勅語はなぜ必要だったのか?)

渡部昇一『平成の修身』#05(明治の日本に教育勅語はなぜ必要だったのか?)

番組説明

第5回
今回は「教育勅語の成り立ち」について(1890年(明治23年)10月30日発布)その背景をじっくり解説。
幼学綱要を編纂した元田永孚、井上毅、そして明治天皇の日本を造り上げていこうとするビジョンが、教育勅語には多く含まれていました。
発布されるとそれは世界中に翻訳され、多くの人々に支持されたといいます。

<教育勅語の原則>
 ・御製に相当するものでなければならない
 ・いかなる宗教色もあってはならない
 ・西洋学問の理屈を取り入れてはいけない
  ※御製…天皇が手ずから作成した文章・和歌・絵画など

<今回の修身書朗読>
(1)「祖先を尊べ」
(2)「人の難儀を救え」

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2016年 時間:14分30秒

出演者

「平成の修身」トップへ戻る

NOW ON AIR

08:00

【DHC】4/28(金) 武田邦彦・大高未貴・藤井厳喜・居島一平【虎ノ門ニュース】