武田邦彦 『現代のコペルニクス』 #17

武田邦彦 『現代のコペルニクス』 #17

番組説明

#17
監修・出演:武田邦彦
ゲスト:宮脇淳子(モンゴル史家・学術博士)
収録:2010年10月

テーマ:「中国」という「国」はない~尖閣諸島の問題を機に~

今月の武田先生は、シアテレお馴染みの宮脇淳子先生をゲスト迎えて“歴史のコペルニクス”をお届けします。初回のテーマは<「中国」という「国」はない>と いう刺激的なもの!尖閣諸島の問題をきっかけに、中国論・対中国外交論が盛んですが、シアテレ流中国論はこの番組をご覧ください!

<コペルニクス語録>
★武田
「歴史は真実ではないところがある」
「“自己申告”で地図が描かれていることがある」
「唐の時代以降 中国は1600年間“占領国”」
「支那という土地があるだけ 秀吉が攻めれば、日本になった?!」
★宮脇
「中国の歴史は2200年。 4000年、5000年は“スローガン”」
「長江で生まれた漢字だが文化の中心である黄河で発達」

出演者

「現代のコペルニクス」トップへ戻る