当局の出演者

Culture & Entertainment

Participants & Casts

すべての出演者(50音順)

馬渕睦夫

馬渕睦夫

1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年生に在学中に、外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省に入省。1971年研修先の英国ケンブリッジ大学経済学部を卒業。外務本省では国際連合局社会協力課長、その後、(財)国際開発高等教育機構専務理事を務めた。 在外では、イギリス、インド、ソ連、NY、EC日本政府代表部、イスラエル、タイに勤務。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、200811月外務省退官。同月防衛大学教授に就任し、2011年3月定年退職。 2014年より吉備国際大学・外国語学部客員教授。

宮脇淳子

宮脇淳子

東洋史家・ 学術博士。 1952年和歌山県生まれ。京都大学文学部卒業、 大阪大学大学院博士課程修了。 2000〜2004年常盤大学非常勤講師。 2005〜2012年国士舘大学非常勤講師。 1997〜2015年東京外国語大学非常勤講師。 夫である岡田英弘・東京外国語大学名誉教授の歴史学を継承し、 従来の東洋史の枠組みを越えて、中央ユーラシアの視点に立った遊牧民の歴史と、 草原と農耕地帯を総合的に見るシナ史を研究している。

村松えり

村松えり

女優 生年月日:1977年9月19日 出身地:東京都 趣味:読書・散歩 特技:英語・フランス語・ラクロス 文学座付属演劇研究所本科、研修科卒業(40期) 母は女優の村松英子 伯父は評論家の村松剛 エビス大黒舎: http://ebisu-act.com/actors_page/a_49_muramatu.html 公式ブログ: http://gree.jp/muramatsu_eri

本山友理

本山友理

【誕生日】1988年4月3日 【血液型】O型 【出身地】長崎県 【サイズ】身長170cm・B80 ・W61 ・H89・S25 【服サイズ】9号 【趣味】スーパー銭湯巡り 【資格】高校教員免許(地歴) 【スポーツ】テニス ソフトテニス歴12年(高校全国大会団体5位) ソフトボール歴6年 【学歴】法政大学キャリアデザイン学部卒業

山田美彌子

山田美彌子

ガラス工芸家、工芸ナビゲーター。 伝統工芸会に十数回入選している実力派のガラス工芸作家であり、裏千家の直門という広く深く文化に携わる女性。 京都の公家の血を引き、吉田松陰の実家、杉家の末裔という由緒正しい家柄の出身でもある。

吉木りさ

吉木りさ

タレント、歌手。

ロバート・ゲラー

ロバート・ゲラー

Prof. Robert J. Geller アメリカ・ニューヨーク市生まれ。 カリフォルニア工科大学地球物理学科卒。1977年同大学(博士号修得)。 スタンフォード大学地球物理学科助教授を経て1984年東京大学大学院の初の任期無し外国人教員、1999年から東京大学大学院教授。 主要研究テーマは、地震波動論及び数値シミュレーション、地球の3次元内部構造、地震予知の可能性の有無。

和田秀樹

和田秀樹

精神科医。 1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学付属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、日本初の心理学ビジネスのシンクタンク、ヒデキ・ワダ・インスティテュートを設立し、代表に就任。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。老年精神医学、精神分析学(特に自己心理学)、集団精神療法学を専門とする。著書は『学力崩壊』『受験のシンデレラ』『心理学を知る事典』『「新中流」の誕生』『受験勉強は役に立つ』『医療のからくり』『大人のための読書法』『命と向き合う』(中川恵一・養老孟司氏共著)など多数。心理学、教育問題、老人問題、人材開発、大学受験などのフィールドを中心に、テレビ、ラジオ、雑誌など数多くの単行本を執筆し、精力的に活動中。第5回正論新風賞受賞。映画初監督作品『受験のシンデレラ』が、2007年モナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞。第二回監督作品『「わたし」の人生〜我が命のタンゴ』(介護離職を扱った人間ドラマ、秋吉久美子、橋爪功主演)は2012年8月に公開された。

渡部玄一

渡部玄一

チェロ奏者。東京アンサンブルギルド主宰。東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。米国ニューヨークのジュリアード音楽院卒業。現在、読売日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師を務める。 ソリストとして、また、室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。 近著に「ワタナべ家のちょっと過剰な人びと」(海竜社) ※“ワタナベ家”とは、父・渡部昇一(英文学者・上智大学名誉教授)、弟・渡部基一(バイオリン奏者)ほか、父以外全員音楽家の自由と希望溢れる破天荒ファミリーのことである…。※著書は実に面白いのでぜひご一読。 企画・出演番組に『音の教養』(全8話)、『音の教養コンサート』

渡部昇一

渡部昇一

上智大学名誉教授。英語学者。評論家。文筆家。 昭和5年(1930年)山形県鶴岡市生まれ。 30年上智大学文学部大学院修士課程修了。 ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.,Dr.phil.h.c. 平成13年から上智大学名誉教授。 著書多数。『知的生活の方法』(講談社現代新書)は、1976年発刊のロングベストセラー。 2017年4月17日逝去。 ◎DHCテレビジョン出演番組 『書痴の楽園』(49話)、『平成の修身』(全38話)、『この島で、散ることにした。〜天皇の島 ペリリューとアンガウル〜』(ドキュメンタリー) 『知的生活の準備』(全81話)『むかしばなしばなし』(全5話)、『家庭の大事』(全3話)。 『知的生活の準備』は、2016年2月KADOKAWAより書籍化。 『平成の修身』は『日本人の道徳心』というタイトルで、2017年6月、KKベストセラーズ(ベスト新書)より書籍化。 ◎最新番組は、YouTubeチャンネルで配信中 https://www.youtube.com/c/dhctv 過去の番組は、DHCテレビジョンのニコニコチャンネルで配信中です(配信可能のものに限ります) http://ch.nicovideo.jp/ch2620

渡部迪子

渡部迪子

1936年(昭和11年)2月9日 北海道旭川生まれ 4才より東京、その後満洲で育つ 9才の時 終戦を満洲・奉天で迎える 桐朋学園高校 音楽科 一期生 桐朋学園大学 音楽科 一期生 渡部昇一氏(上智大学名誉教授)の妻 3人の子供をプロの音楽家に育てる(長男は渡部玄一氏) 70歳を超え再びピアノを始める

2 / 212