当局の出演者

Culture & Entertainment

Participants & Casts

すべての出演者(50音順)

吉木りさ

吉木りさ

タレント、歌手。

ロバート・ゲラー

ロバート・ゲラー

Prof. Robert J. Geller アメリカ・ニューヨーク市生まれ。 カリフォルニア工科大学地球物理学科卒。1977年同大学(博士号修得)。 スタンフォード大学地球物理学科助教授を経て1984年東京大学大学院の初の任期無し外国人教員、1999年から東京大学大学院教授。 主要研究テーマは、地震波動論及び数値シミュレーション、地球の3次元内部構造、地震予知の可能性の有無。

和田秀樹

和田秀樹

精神科医。 1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学付属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、日本初の心理学ビジネスのシンクタンク、ヒデキ・ワダ・インスティテュートを設立し、代表に就任。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。老年精神医学、精神分析学(特に自己心理学)、集団精神療法学を専門とする。著書は『学力崩壊』『受験のシンデレラ』『心理学を知る事典』『「新中流」の誕生』『受験勉強は役に立つ』『医療のからくり』『大人のための読書法』『命と向き合う』(中川恵一・養老孟司氏共著)など多数。心理学、教育問題、老人問題、人材開発、大学受験などのフィールドを中心に、テレビ、ラジオ、雑誌など数多くの単行本を執筆し、精力的に活動中。第5回正論新風賞受賞。映画初監督作品『受験のシンデレラ』が、2007年モナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞。第二回監督作品『「わたし」の人生〜我が命のタンゴ』(介護離職を扱った人間ドラマ、秋吉久美子、橋爪功主演)は2012年8月に公開された。

渡部玄一

渡部玄一

チェロ奏者。東京アンサンブルギルド主宰。東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。米国ニューヨークのジュリアード音楽院卒業。現在、読売日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師を務める。 ソリストとして、また、室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。 近著に「ワタナべ家のちょっと過剰な人びと」(海竜社) ※“ワタナベ家”とは、父・渡部昇一(英文学者・上智大学名誉教授)、弟・渡部基一(バイオリン奏者)ほか、父以外全員音楽家の自由と希望溢れる破天荒ファミリーのことである…。※著書は実に面白いのでぜひご一読。 企画・出演番組に『音の教養』(全8話)、『音の教養コンサート』

渡部昇一

渡部昇一

上智大学名誉教授。英語学者。評論家。文筆家。 昭和5年山形県生まれ。 30年上智大学文学部大学院修士課程修了。 ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.,Dr.phil.h.c. 平成13年から上智大学名誉教授。 著書多数。『知的生活の方法』(講談社現代新書)は、1976年発刊のロングベストセラー。 DHCシアター番組『知的生活の準備』は、2016年2月KADOKAWAより書籍化されました。 他の出演番組:『平成の修身』(レギュラー放送中)、『むかしばなしばなし』(全5話)、『家庭の大事』(全3話)。

渡部迪子

渡部迪子

1936年(昭和11年)2月9日 北海道旭川生まれ 4才より東京、その後満洲で育つ 9才の時 終戦を満洲・奉天で迎える 桐朋学園高校 音楽科 一期生 桐朋学園大学 音楽科 一期生 渡部昇一氏(上智大学名誉教授)の妻 3人の子供をプロの音楽家に育てる(長男は渡部玄一氏) 70歳を超え再びピアノを始める

2 / 212