現場からの医療改革推進協議会

現場からの医療改革推進協議会

番組説明

【「現場からの医療改革推進協議会」とは】
2006年の福島県立大野病院事件をきっかけに、医療崩壊に問題意識をもった有志により結成である。発起人には、医師・看護師・患者家族・メディア関係者・政治家など多分野に渡る人物が連ねている(黒岩祐治氏もそのひとり)。

医療関係者が注目する本シンポジウムは、医療関係者のみならず、患者自身や患者会、政治、メディア、教育、実業といった多岐に渡る分野からの参加が特徴で、各々現場の視点から具体的な問題提起を行い、聴講者も交えて積極的な議論を行っている。「医療」というキーワードを様々な視点から多角的に掘り下げていく本シンポジウムは、「9割の病気にかかっていない人」たちにも見て欲しい必見の内容です。

今すぐ見られるエピソード

過去のエピソード

YouTubeDHCテレビ チャンネル登録へ